母がそっと持たせてくれた 昭和の時代

こんばんは
今 少し ひと段落いたしました。
ありがたいと思います。
北から 南から 
多くのご依頼に感謝です。
忙しけれど 
我が暮らし 
裕福になれず。
物は考えようで 
今日も生かされて 心は裕福です。 
くくっ やせ我慢
ええかっこ 言ってしまった。

さて
今日はこんなのです。
母がそっと持たせてくれた

枝川ヒロシ
心の絵
母のおにぎり
昭和の思い出
昭和の思い出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA