阪神淡路大震災から24年の今日・・

阪神淡路大震災 あれから24年 
地元 兵庫でも知らない方が70%もおられるとか
私たちは
神戸垂水区舞子のマンションで住んでいました。

明石海峡大橋の着工から完成まで
ず~~とベランダから見ていました。
夜になるとライトUPが素敵でした。
とっても素晴らしいロケーションでした。

大きなケーソンを沢山のタグボートが牽引して
ほとんど狂いなく設計通りの位置に 
それから
橋の建設の為に開発した
水の中でも固まるコンクリートを
数百万トンだったと思うケーソンに流し込む
そして 橋が
少しづつ 少しづつ橋が伸びていった。
あの大地震が 刻々と迫っている事は
誰も知らない・・・・。 
そして
24年前の 早朝 淡路方向から
長田、灘方面に
稲妻が走ったと妻が言った。
たまたま変な胸騒ぎがして目が覚めて海を見ていたとか・・
と同時に強烈な揺れ
ゴ~~~~~ と地獄から聞えるような音と同時に
ガシャ ガシャ ガシャ ガシャ ガラスの割れる音
部屋の中はぐちゃぐちゃ
娘はガタガタ震えて しっかり抱っこしました。

いつ爆発するかわからない強いガスの臭い
地獄のようなf不自由な辛い日が何年も続いた。

今なお 
大きなマイナスからの人生スタートで
つらい思いをしている方も沢山おられます。

あれから
神戸も街も 全盛期を知っている僕には
あまり活気がないように思うのですが

なくなられた方々に
心から黙祷。

幸せの鈴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA