どうして損や得や不公平にこだわるのか

昔も今の世も
偽り多き世の中なれど 
死することばかりは眞なり
というのがあります。


目はかすみ 
耳にセミ鳴き 
歯は抜けて頭は 
霜の老いの暮れかな と
老いて心も豊かになり
やさしく
生きたいと思うが常

なれど
人はそれぞれの思いあれど
不公平や 不公平や 損や得やと 思う人 思わぬ人
小さな心の器に
私の心は自律神経が出張していました。けれど

昨日のご報告で 
吹っ飛びました。
嬉しい 楽しい 事を考えて
いざ!進め と思います。
室町時代の 
名僧の 一休さん
ある日 相談に来られた人が
「喧嘩ばかりするふたりがおりまして・・・。と」
相談したそうな
すると
一休さんは
しゃれこうべ を2つ描き 
いずれ ふたりも この通り

しゃれこうべ


だったら 仲良く暮すがいい と・・・

昨日の出来事は下記通りです

鉛筆画展示、閻魔さんお寺大阪

ちょっと
最近 自律神経が出張して
辛かったですが

先ほど
枝川真理の鉛筆画講座の
四天王のお1人
鉛筆画美術館の館長
吉村さんから連絡があり
昨日行われた 細密鉛筆画作品展で
もの凄く大きな反響を頂いたと連絡がありました。
本当に嬉しい
ご報告を頂き感謝しています。
あまり 僕のようにおしゃべりでない娘は
これからも
更に 技術の向上と
楽しい鉛筆画講座になりますよう
勤めさせていただきたいと申しており
娘は大喜びです。

本当にありがとうございます

そして
6年前にお描きさせて頂きました
お客様より
ご報告があり
私達のお描きさせて頂きます似顔絵は
普通の似顔絵ではない事を
改めて 感じました。

自律神経で 本当に苦しかったのですが
この2つのご報告で 治りました!

皆さんに感謝です。